「美」と「心」を伝える博多土産をお探しの方々、大切な人に”ぬくもり”や”あたたかさ”を伝える伝統工芸品の博多人形を大切な人へのお土産にいかがでしょうか。

092-531-1510 メニュー

博多土産

"博多人形の特徴

「美」と「心」を伝える博多土産をお探しの方々…
多くの皆様が何をギフトしたらよいのかお悩みの事だと思います。
人が人として一番嬉しい時それは、大切な人にその人を思う“ぬくもり”や“あたたかさ”を伝えそれを感じ取って頂けた時ではないでしょうか。
博多人形にはそんなやさしさや魅力があるのです。
今や、博多の域を超えて日本を代表する伝統工芸品でもある博多人形を、世界中のあなたの大切な人の博多土産としてくださいませ。

博多土産作品一覧
作品一覧はこちらをクリックしてください

ページ上部へ戻る

博多と福岡について

★博多と福岡のおはなし★

屋台が並ぶことで有名な那珂川沿い。
この川をはさんで東側を「博多」西側を「福岡」と呼びます。
これは、かつて商人の町・博多と武士の町・福岡に分かれていたからです。
福岡市のことを「博多」と呼ぶのも、中世から「博多」という名前が認識されていたことや、山陽新幹線の終着駅が「博多駅」であり、 ビジネスマンたちが福岡へ出張することを「博多に行く」と言うなど、「博多」という名前が浸透していたことによります。
「福岡」の名は、江戸時代に現在の中央区に福岡城が築かれたときに付けられました。
1889年には、福岡市にするか、博多市にするか議会で議論されたこともありますが、わずか1票差で福岡市となったエピソードも…。
福岡と博多を合わせて「福博」と呼ぶこともあります。

ページ上部へ戻る

かわいい小物のご紹介

★博多ぺったんと博多きんしゃい★

博多ぺったん


博多の筆師錦山亭金太夫さんのデザインで博多人形にしました。「博多ぺったん」は 小さなレリーフの中に博多の四季を表現し、お買い上げの皆様に多くの運が付いて欲しいと「博多ぺったん」と名づけました。

博多きんしゃい
また、「博多きんしゃい」小さなレリーフの中に幸せを招くかえると猫を表現し、お買い上げの皆様に幸せが訪れて欲しいと「博多きんしゃいと名づけました。
他にもたくさんのお品を用意しております。

ページ上部へ戻る

博多土産(博多人形)のご案内

小さな小物やミニ飾りなど、たくさんのお品を取り揃えております。
ご覧頂けますと幸いです。
博多人形ならではの味わいと可愛らしさをお楽しみください。

博多土産作品一覧
作品一覧はこちらをクリックしてください

ページ上部へ戻る


ご来店をご希望のお客様へ

当ホームページをご覧頂きありがとうございます。
「人形のごとう」のショールームで直接作品に接してみたいとご希望のお客様は、 事前にご希望の作品をリクエストして頂ければ最善を尽くしてご準備いたします。
お電話(092-531-1510)まはたお問合せフォームよりご連絡頂ければ幸いでございます。 よろしくお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る  


▲ ページの先頭へ
カテゴリ別 作品紹介
ご用途別 作品紹介
サービス
その他