元禄時代に幾多の名作家、名優が輩出しその技能を競い現代歌舞伎の原型を成したと言われています。それを伝統工芸品の博多人形にしてみました。P-22 勧進帳(桐箱付)をご紹介します。

092-531-1510 メニュー

博多人形 博多人形 歌舞伎物

博多人形 歌舞伎物
勧進帳(桐箱付)

NO.P-22
日展作家
多田明正 作
高さ 8cm
 ¥17,600(税込)

安宅の関に着いた弁慶一行は、山伏を厳しく調べているから通せないと言われ、富樫たちと押し合いに。

火事で焼けた東大寺再建のため、各地を回って勧進(寄付)を募っていると言う弁慶。
富樫は「それなら勧進の目的を書いた勧進帳を持っているはず。それを読んでください」と言う。

弁慶はありあわせの巻物を広げ、書かれてもいない勧進の目的を考えながら読み上げる。

歌舞伎勧進帳の名場面です。

数量: 

※ショッピングカートは日本国内向けです。




合わせ買い商品

ご一緒にいかがですか?


白木ケース
 ¥11,880(税込)




オリジナル博多人形




▲ ページの先頭へ
サービス
カテゴリ別 作品紹介
ご用途別 作品紹介
その他
九州おみやげグランプリ
おもてなし規格認証